人見知りで困っている方へ

こんにちは、
しあわせカウンセラーの神谷豊です。

先日ある方から
ご相談を受けました。

人見知りで困っています。
もっと、多くの方と仲良くなりたいのに、
恥ずかしくて、話すことができません。

僕自身も
いまだに人見知りの傾向があるので、
このお悩みについてよくわかります。

試しに、ネットで検索してみました。

人見知り(ひとみしり、英: Shyness)とは、
従来は子供が知らない人を見て、恥ずかしがったり嫌ったりすることである。
大人の場合は「内気」・「照れ屋」・「はにかみ屋」・「恥ずかしがり屋」
の言葉をあてるのが標準的である。

と書いてあります。

僕的には
このような方のほうが親しみやすいと思います。

でも。

人見知りで困っている。

相談者の方に聞きました。

どのように変わりたいですか?

もっと、

多くの方と仲良くなりたい。

 

何人くらい?

え~~~と。

50人位。

そして、
人の前でも堂々と話がしたい。

 

この気持もよくわかります。

僕も人見知り傾向なので
はじめての方とお話するのが苦手です。

でも、カウンセリングのときは
多くの方が初めて話す方ですね。

はい。

だから、練習しました。

多くの人の前で話すことも。
はじめての方とお話することも。

すべて、練習したからできます。

でも、
仕事以外では人見知りです。

はじめての方とお話することも
人の前でお話することも、苦手です。

しかし、
練習すると出来るようになります。

練習せずに
人見知りを変える方法はありますか?

 

はい。ありますよ。

それは、
人見知りを受け入れること。

自分は恥ずかしがり屋で人見知りなんだと、開き直ること。

人は恥ずかしいことや隠していることがあると
行動にストップがかかります。

なので、
人と仲良く話したいのに、動けない。
これは正常なことです。

自分の無意識が行動にストップをかけます。
そうしないと、自分に危険なことが起こるかもしれないので、
身体が行動を止めるのです。

でも、開き直ってしまうと、
自分のできないことを認めているので
身体は危険なこと認識しないのです。

簡単な開き直る方法は
言葉で宣言する。

私は恥ずかしがり屋です。
でも、それがなにか?

3回ぐらい言葉にすると
ゆっくりと不安が和らいできます。

人見知りで困っている方は
一度試してみてくだいね。