【自分を好きになる方法①】

こんにちは
あなたの望む未来を創造する

しあわせカウンセラー 神谷 豊です。

【自分を好きになる方法①】

さきほどの記事では
自分を好きになる一歩として、

拗ねることを止めてみる。

と言うことについて書きました。

今回は傷ついてしまった
自分のこころを軽くする方法です。

それでは
それはなぜ
自分を嫌いに
なってしまったかを少し考えてみましょう。

どのような自分が嫌いでしょうか?

勉強ができない自分。

頭が悪い自分。

病気がちな自分。

友達が少ない自分。

何だか書いていて
少し気持ちが沈んできました。

自分が嫌いだと
いつも気持ちが沈んでしまいますね。

自分が嫌いな部分を
紙に書きだしてみましょう。

そして、思い出してみて下さい。

そのことを誰から言われて
こころが傷ついたのでしょうか?

勉強ができない自分。
塾の先生。父親。

頭が悪い自分。
塾の先生。

病気がちな自分。
家族。

友達が少ない自分。
子供の頃の友人。

思いつきましたか?

もし思いつかないようでしたら
そのことは一旦、放っておきましょう。

これからが楽しい作業です。

言われて傷ついた言葉を
いった相手を想像して返して下さい。

ひとりひとりに
傷ついた言葉をそのまま返しましょう。

ひとり返すごとに
ゆっくりとこころが軽くなり始めます。

いかがでしょうか?

相手の何気なく放った
言葉であなたのこころが傷つきました。

なので
その言葉を想像の中で
言った本人に返すのです。

イメージの中でかまいません。

いかがでしょうか?

ゆっくりとこころが軽くなったでしょう。

嫌いな自分を
無理に好きになることはできません。

まずはこころを軽くしてみましょう。

次回はゆっくりと
自分を好きになる方法をご紹介します。